【2024年最新】少年野球の保護者に必須の豆知識7選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【2024年最新】少年野球の保護者に必須の豆知識7選を元甲子園球児が徹底解説
  • 少年野球をやっている息子に役立つ知識があれば教えてください
  • 子供が少年野球に親が応援できることはありますか?
  • 少年野球への差し入れは何が喜ばれますか?
  • 子供に読ませたいおすすめの野球マンガを教えてください
  • 自主練で行くバッティングセンターはどういう所がおすすめですか?

実は、野球少年の保護者で少年野球に役立つ情報を求めている人は非常に多い

なぜなら、野球を頑張る子供を応援したくても親に出来ることは限られているから

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

長年の経験の中で得た情報や知識がたくさんある

子供目線、親目線、指導者目線で少年野球を見たことが自分の強み

この記事では、自分の経験をもとに野球少年の保護者に役立つ豆知識7選について解説

この記事を読めば、野球を頑張る子供を適切な方法で応援でき、充実した少年野球ライフを過ごすことができる

少年野球の保護者に必須の豆知識7選

  1. 子供の視力低下が心配な人には視力回復装置(アイパワー)がおすすめ
  2. 野球少年に読ませたい野球マンガはキャプテンとプレイボール
  3. バッティングセンターの選び方はコントロール重視で選ぶ
  4. 高校野球は野球少年にとって最高の教材
  5. 母親ができる1番大切なことは子供の心の居場所を作ってあげること
  6. 子供の野球が上達するには親の言動も大切
  7. 少年野球への差し入れは季節によって変えると喜ばれる

身近に野球経験者がいない方にとっては非常に役立つ情報

子供に有益な情報から保護者に有益な情報まで様々

子供が野球を心から楽しみ上達するためには保護者のサポートが必要

子供の視力低下が心配な人には視力回復装置(アイパワー)がおすすめ

アイパワーの使い方

1日10分まぶたの上から器械を当てるだけ

アイパワーとは、網膜を活性化させたり凝り固まった毛様体筋をマイクロマッサージで揉みほぐし、スッキリ見えるようにする厚生労働省が認めた家庭用医療機器

老眼や近視などの視力低下に効果がある

視力が低下する原因とは?
目の酷使により疲労が溜まり目の機能が衰える
アイパワーの作用
器械が発振する超音エネルギーが目の深層部の細胞組織にまで刺激を与えマイクロマッサージを行う

毛様体筋のコリをほぐすことで弾力を回復させる

眼球内の血行を良くし新陳代謝を活発にする

アイパワーがおすすめな人

学校から眼鏡をかけるように言われた子供

中高年の運転免許更新の不安な方

スマートフォン、PCによる眼精疲労、疲れ目の方

老眼が進んできて新聞が読みにくい方

レーシック後また視力が低下が心配な方

目が乾く、ショボショボする方

まずは、2週間の無料モニターがおすすめ

野球少年に読ませたい野球マンガはキャプテンとプレイボール

キャプテンとプレイボールは1970年代に流行した野球マンガ

途中で作者のちばあきおさんがお亡くなりになられ、途中打ち切りしてしまった作品を「キャプテン2」と「プレイボール2」としてコージィ城倉さんが再開した

キャプテンとプレイボールは題名こそ違うが、すべての話は繋がっている

ちばあきおさんの特徴
昭和時代に描かれたマンガであり現代に足りない根性論を学ぶことができる

大人に教えてもらうのではなく自分達で考える野球を学ぶことができる
コージィ城倉さんの特徴
根性論だけではなく現代の合理的な練習方法を描いている

野球をとおして人間力が成長することを学ぶことができる

このシリーズの特徴は登場物はほとんど同じなのに昭和、平成、令和の野球観の違いをマンガをとおして実感することができる

例えば、主人公の1人である谷口タカオは、キャプテンでは「寝る間も惜しんで練習する」方針が印象的だが、キャプテン2では、「大会期間中は練習せずに体を休める」方針に変わっている

しかし、変わらないこともある

「努力をする大切さ」や「最後まで諦めない気持ち」など現代の子供達に足りていない部分は変わっていない

現代の子供だからこそ心を打たれるマンガ

特に野球への気持ちが揺らいでいる子、技術的に伸び悩んでいる子には「何か」を掴むキッカケになるのではないか

キャプテン・プレイボールの読む順番と比較

上記でも記載したとおり、コージィ城倉さんが続編を描いてくれたこともあり、キャプテンとプレイボールは読む順番が複雑

これから読む方は下記の順番で読んでほしい

  1. キャプテン
  2. プレイボール
  3. プレイボール2
  4. キャプテン2



キャプテンプレイボールプレイボール2キャプテン2
作者ちばあきおちばあきおコージィ城倉コージィ城倉
時代1972年~1979年1973年~1978年2017年~2021年2019年~2021年
巻数集英社
全15巻
集英社
全11巻
全12巻既10巻
概要谷口、丸井、イガラシ、近藤と4人の個性あふれるキャプテンが仲間とともに成長していく谷口タカオが弱小墨高野球部に加入し仲間を巻き込んで成長していく谷口タカオが墨高のキャプテン、谷口を慕って入部した後輩たちと成長していくキャプテンの続きとして近藤キャプテンの最後の大会から始まり、予備校生兼墨高の監督としてナインを引っ張り成長していく

こちらから購読できます

バッティングセンターの選び方はコントロール重視で選ぶ

ピッチングマシンは大きく分けて3種類

  • エアー式
  • ローター式
  • アーム式

この中で1番のおすすめはエアー式

比較的新しいバッティングセンターのほとんどがエアー式

ピッチャーの映像に合わせてボールが出てくる所はエアー式

エアー式の特徴
コントロールが良い

高さの調整が簡単で自分でできる

実際の投手に近い軌道
ローター式の特徴
コントロールが不安定

高さ調整が難しい

タイミングが取りにくい
アーム式の特徴
変化球ができない

タイミングが取りにくい

コントロールは安定している

安全性の面でもエアー式が1番優れている

バッティングセンターはコントロールが最も重要

ストライクが入らないマシンではバッティング練習ができない

エアー式ローター式アーム式
コントロール良いイマイチ普通
安全性良い良くないイマイチ
利便性良い普通普通
変化球良いイマイチ良くない
操作性良いイマイチイマイチ
タイミング普通普通良い
ノック機能良い普通良くない
耐久性良いイマイチ普通
メンテナンス良いイマイチイマイチ

バッティングセンターの選び方について解説した記事はこちら

高校野球は野球少年にとって最高の教材

挨拶は、人間としての基本

ですが、当たり前のことができないのが人間

野球人は少年野球から挨拶を徹底的に教えられる

そのため、自然と挨拶ができるようになる

少なくても自分の周りの野球人で挨拶ができない人はいない

これが野球人が社会から必要される理由

その中でも高校球児はお手本のような挨拶をする選手が多い

  • 仲間に挨拶
  • 指導者に挨拶
  • 保護者に挨拶
  • 観客に挨拶
  • 審判に挨拶
  • グラウンドに挨拶
  • 相手チームに挨拶

野球のグラウンドに行けば、少なくてもこれくらいは挨拶をする

挨拶をする時にどのように挨拶をしているかを注意深く見てみましょう

  • 立ち止まる
  • 相手の眼を見る
  • 大きな声ではっきりと
  • 頭を深く下げる
  • 相手、状況により表情を使い分ける
  • 口だけではなく気持ちを込める

たかが挨拶、されど挨拶

挨拶をするだけなら誰でもできるが、どうのように挨拶をするかが大切

決して周りから良く思われようとしているわけではない

普段から周りの人や環境に感謝することを指導されているからこそできる行動

小学生のうちから完璧を求めなくても大丈夫

少しずつ子供達に教えてあげましょう

挨拶以外にも高校球児の行動から学ぶことはたくさんある

  • 必ず帽子を取る
  • 相手の眼を見る
  • はっきりと自分の意思を言葉にして伝える
  • 状況に応じて姿勢を変える
  • 状況に応じて口調を変える

この中でも「状況に応じて」という部分が大切

ピッチャーが主審からボールを貰う時
帽子を取って、相手の眼を見てお礼の会釈をする
観客の高齢男性からトイレの場所を聞かれた時
帽子を取り、大きな声でゆっくりと丁寧な言葉で案内する

状況によっては、トイレまで付き添う
観客の小さな子供から「頑張ってね」と話しかけられた時
帽子を取り、子供と同じ目線になるようにかがみ、「ありがとう、頑張るね」と感謝の気持ちを伝える

テレビ中継では、監督や審判とのやりとりを見ることができる

相手の眼を見て、真剣な表情で話を聞いている高校球児をよく観察しましょう

甲子園の試合の注目ポイントについて解説した記事はこちら

母親ができる1番大切なことは子供の心の居場所を作ってあげること

子供は母親が大好き

母親は子供にとって心の支え

ここに紹介する10か条を意識して野球少年と向き合いましょう

「いってらっしゃい」、「おかえり」の挨拶を徹底

野球を長年やると楽しい事ばかりではなく、辛いこともたくさんある

家を出る時、帰った時に母親が明るく挨拶をしてくれるだけで子供の気持ちは救われる

子供が大好きなお母さんの明るい声で家から送り出し、出迎えてあげてほしい

些細なことかもしれないが、非常に大切なこと

技術指導はしない

技術指導は、監督やコーチに任せましょう

子供が悩む原因になる

栄養バランスを考えた食事を作る

野球は体が資本

小学生のうちからたくさん食べる習慣を身に付ければ成長期に大きく伸びる

母親としては栄養バランスを考えて料理を作ることが大切

凝った料理である必要はない

野菜、肉、魚とバランスが取れた料理を心がけるだけで十分

指導者の批判をしない

少年野球をやっていると監督やコーチの指導に納得できない時がある

しかし、指導者の批判は絶対にやめましょう

母親は子供の1番の味方

それは子供も自覚している

その母親が指導者を批判すれば、子供も指導者を信じることができなくなる

悩みを聞いてあげる

子供の様子がおかしければ話を聞いてあげてほしい

聞いてあげるだけで大丈夫

心を支えるだけで子供は救われる

他の子と比べない

子供を他の子と比べるのは止めましょう

過去の子供自身と比較しましょう

できなかったことができるようになったら思いっきり褒めてあげましょう

子供は褒められて伸びる

1番の味方の母親が褒めてあげれば効果抜群

泥だけになったユニフォームを褒めてあげる

野球のユニフォームの洗濯は大変

練習を頑張った選手ほど泥だらけのユニフォームになる

泥を落とすのは大変なので文句を言ってしまう母親がいますが、それは違う

「いっぱい頑張ったね」って褒めてあげてほしい

家の洗濯機で洗うと砂利だらけになってしまうので専用の洗濯機を購入するのがおすすめ

自分の感情を子供に見せない

少年野球をやっていると母親にとっても嬉しいこと、辛いことがいっぱいある

母親の感情を子供に見せてもいいことはない

子供は子供ながらに気を遣う

子供を野球に集中させてあげるためにも、自分の感情は子供に見せないように注意しましょう

自主練習に付き合う

子供の自主練に付き合うのは父親が多い

しかし、父親の都合が悪い時は母親が手伝ってあげましょう

子供にとっては本当に嬉しい

上手くできなくても大丈夫

付き合ってくれる気持ちが子供にとっては嬉しい

子供の心を見る

野球少年と向き合うには、子供の心を見るようにしましょう

子供の心は大人が思っている以上に敏感

母親でなければ分からない変化もある

野球少年の理想の母親像ついて解説した記事はこちら

子供の野球が上達するには親の言動も大切

少年野球では子供よりも親の方が熱中してしまうっていうのはよくある話

親が熱くなりすぎると子供に対して口を出し、いつしか強制的に野球をやるようになってしまう

子供にとってはプレッシャーとなり野球を楽しむことができなくなる

強要はしない
子供がやりたいことを見つけれるようにサポートする
ポジティブフィードバック
子供が失敗した時は次はどうすればいいかを一緒に考える

子供が自信をもっていることを褒めて認める

子供と指導者の関係に干渉しない
コミュニケーション
子供の話をよく聞く

子供とのコミュニケーションをとり最適な環境を作る
保護者にできること
身体を作る方法を勉強する

効果的な自主練習方法を勉強する

野球を知らない人は野球のルールを覚える

子供にとって最適な野球環境を調べる
親の立ち位置
指導者とは適切な距離感を保つ

チーム運営に協力する

指導者や父母会の役員に感謝の気持ちを忘れない

自分が出来ること、出来ないことを正直に伝える

野球が伸びる子の保護者の特徴について解説した記事はこちら

少年野球への差し入れは季節によって変えると喜ばれる

野球経験がない人は差し入れをしたくても何が喜ばれるかと不安な方が多い

絶対に外さないおすすめの物から一風変わった珍しい物まで紹介する

喜ばれる差し入れのポイントは「季節によって変える」こと






季節全て全て全て夏・秋
子供×
大人
タイミング
価格

おすすめの差しれについて詳細に解説した記事はこちら

野球少年の保護者は自分から情報を取りにいって子供をサポートしよう

この記事では、野球少年の保護者に役立つ豆知識7選について紹介しました

現代では自分から色々な情報を取りにいくことが大切

受け身では誰も教えてくれない

この記事を読んでくれている方は既に情報を取りにいっている方なので大丈夫

子供が野球を楽しみ、上達するためにも子供をサポートしましょう

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

本日もお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA