【少年野球】上達するおすすめの守備練習5選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球】上達するおすすめの守備練習5選を元甲子園球児が徹底解説
  • 子供が試合でエラーが多い
  • 守備が上達する練習方法が知りたい
  • 甲子園に出た人はどんな練習をやっていたの?
  • 守備練習の注意点を教えて
  • 子供達に人気がある守備練習は?

実は、少年野球の守備練習で悩んでいる保護者や指導者は非常に多い

なぜなら、子供に守備を指導するのは非常に難しいから

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

子供に教える難しさも良く分かる

この記事では自分の経験をもとに、おすすめの守備練習5選を紹介

この記事を読めば、子供の守備が確実に成長する

少年野球の練習メニューについてまとめている記事はこちらです。

【総集編】少年野球の練習メニューに悩む人はコレを見ろ!おすすめメニューを元甲子園球児が徹底解説!

少年野球でおすすめの守備練習5選

  1. ゴロ捕球の基礎はケンケンパで身に付ける
  2. 実戦の判断力を養うにはケースノック
  3. プレッシャーに打ち勝つ力を身に付けるにはノーエラーノック
  4. 挟殺プレーのコツ
  5. 牽制球のやり方

少年野球の守備練習は特殊な練習をするよりも、一般的な練習を工夫してやることがポイント

子供は気分のムラがあるのが特徴

子供が「楽しい」と感じる練習の方が集中して取り組むことができて効果が大きい

SNSで野球少年100人に対して「好きな守備練習は何?」とアンケートを取ったので結果を紹介

(複数回答可)

第1位ケースノック54票本当の試合みたいで楽しい
試合で役に立つから
頭を使うから
第2位シートノック49票試合前にやるから
短時間で終わるから
第3位フライ練習44票フライを捕れると嬉しい
ダイビングキャッチができる
第4位牽制球の練習29票サインプレーが楽しい
アウトにできると嬉しいから
やればやるほど上手くなるから
第5位1カ所ノック18票基本練習ができるから
余り疲れないから
第6位ノーエラーノック13票プレッシャーが楽しい
めちゃくちゃ緊張するから

ゴロ捕球の基礎はケンケンパで身に付ける

守備は基礎が大切

基礎が出来ていないと応用は上手くできない

ゴロ捕球を大きく4つに分割する

  1. ボールへのアプローチ
  2. 捕球姿勢
  3. 送球へのステップ
  4. スローイング

この4つを練習できるのがケンケンパ

  1. 送球用ネットを用意する
  2. 指導者と選手の距離は10メートル
  3. 1カ所ノックの要領で指導者がボールをゆっくり転がす
  4. 選手は捕球したらネットに投げる

低学年でもできるので基礎練習にピッタリ

それぞれのポイントを解説

ボールへのアプローチ
ボールの右側に入り、ケンケンでバウンドを合わせる
捕球姿勢
ケンケンパの「パ」で捕球する
「パ」の時の足は踵から地面につく
腰を落とし、股を割る
股の中央で捕球する
送球へのステップ
右足、左足の順番でスッテプして送球動作に移る
スローイング
ネットに向かって丁寧に投げる
ファーストに投げることを意識してコントロールに注意する

ノックの前に15分程度やるだけでも大きな効果がある

15分以上は子供の集中力が続かないので逆効果になりやすい

練習のルーティーンにして毎回やることをおすすめする

実戦の判断力を養うにはケースノック

俗に言う「守備が上手い選手」というのは捕球技術と送球技術と一緒に状況判断能力を兼ね備えている選手のこと

状況判断能力を養うにはケースノックが1番効果的

人数が多いチームでは実際にランナーを付けてノックを行うことで走塁練習を兼ねることができる

しかし、人数が少ないチームもある

そんなチームは「仮想ランナー」をイメージしてやりましょう

イメージするということは、個々の野球のレベルによってランナーの動きが変わる

それを有効に活用できるがメリット

レベルが高い選手のイメージを低い選手にも教えることができる

1アウト、ランナー2,3塁
①ノッカーはスクイズを想定し、サード前にバント

②ゴロを捕球したサードは1塁へ送球

③3塁ベースカバーに入ったショートは2人目のランナーが本塁へ走ったことを全員へ伝える

④サードからの送球を捕球したファーストは本塁へ送球

⑤キャッチャーは仮想ランナーにタッチ

このケースはいかに2ランスクイズを想定できているかがポイント

レベルが低いチームならば2ランスクイズを想定できずにサードゴロで終わり

逆にレベルが高いチームならば、もっと考えてプレーする方法もある

  • 2ランスクイズを想定して、ゴロを捕球したサードは1塁へ偽投して2塁ランナーを挟殺プレーでアウトにする
  • 2ランスクイズを見破ったファーストは、1塁のアウトよりも本塁を優先し、サードからの送球を前に出ながら捕球してすぐに本塁へ送球して得点を阻止する

このノックは、いかに想像できるかがポイント

かなり頭を使う練習なので集中力が必要

レベルが低い選手はレベルが高い選手に引っ張られるのでチームの底上げにも繋がる

ミスが出た時は、話し合って同じミスが起こらないようにすることが大切

サードが1塁へ暴投した場合に確認すること
暴投で1点入るため、送球はミスが許されない

1塁のタイミングが微妙ならば偽投して2塁ランナーを狙う方法もある

暴投に備えてセカンドとライトは必ずベースカバーに入ること

プレッシャーに打ち勝つ力を身に付けるにはノーエラーノック

大切な試合ほど試合の終盤の守備ではプレッシャーがかかる

高校野球でも1つのエラーで甲子園を逃してしまう残酷な試合がたくさんある

この緊張感を日ごろの練習で味わうのはなかなか難しい

多くの経験を積み、失敗をして悔しい思いをしながら成長していくしかない

でも、「ノーエラーノック」であれば、実戦に近い緊張感を味わうことができる

ノーエラーノックとは?
選手全員がノーエラーで打球処理するまで練習を終われない練習

誰かがエラーした時点で初めからやり直し

誰かがエラーしたらベースランニング1周などの罰ゲームあり

ノーエラーノックはシートノックでやってもいいし、1カ所ノックでやっても大丈夫

終盤になればなるほどプレッシャーがかかる

プレッシャーに強くなる以外にもチームワークの強化に繋がる

注意点としては、エラーした選手を責めるような雰囲気を作らないこと

全員で協力してノーエラーノックを完成させようという雰囲気でやることが大切

実際の試合でもそうですが、格好悪くても打球を捕って投げてアウトにすることが大切

ノーエラーノックをやると、送球エラーが多くなるため、日ごろのキャッチボールの大切さを再認識することができる

挟殺プレーのコツ

野球が上達するには、ノックだけでなく挟殺プレーなどの細かい練習も必要

挟殺プレーは、ただ練習をするだけでは上手くならない

どうすればランナーをアウトにできるか頭で理解してから練習することをおすすめする

チェックポイント

ランナーを追う時には全力で追う

ボールを受ける際に大きく前に出ながら捕球する

(ここでランナーとの差を詰める)

フェイク(投げるふり)をしない

挟殺プレーはスリーフィートライン(ランナーが走る場所)よりも外側で行う

この3点が大切なコツ

ランナーとの差を詰めるのは、ボールを捕球する時

この時に前に出ることが1番大切

この時に、ランナーのターンを遅くするには、ランナーを全力で追ってランナーのスピードを上げること

ボール捕球時は大きく前に出るので、投げる選手はフェイク(偽投)をしてはいけない

ランナーだけでなく、仲間の野手まで惑わしてしまうから

挟殺プレーのボールがランナーに当たって転がる間に得点が入るケースが多々ある

ランナーに当たらないように走路の外側で挟殺プレーをやりましょう

外側でやることによって、他のランナーの動きが見やすくなったり、他のランナーをアウトにするために送球しやすくなるメリットがある

ランナー1,3塁で1塁ランナーを挟殺中
3塁ランナーはタイミングをみて本塁を狙う

走路の内側で挟殺プレーをしていると本塁へ投げる際に体の向きが逆になり1テンポ遅れてしまう

走路の外側で挟殺プレーをしていれば、そのままの流れで本塁へ送球できる

挟殺プレーはキャッチボールの応用

普段のキャッチボールから意識してやることが大切

牽制球のやり方

小学生にとって2塁牽制は難しいプレーだが、アウトにすることができれば勝敗を左右するプレーになる

練習すれば必ず出来るようになるのでチャンレンジしてほしい

2塁牽制でアウトにするコツを以下のとおり

チェックポイント

遅い牽制と速い牽制の2種類を作る

常には遅い牽制をやり、アウトを狙う時だけ速い牽制をやる

速い牽制をやる時は、キャッチャーがミットでサインを出す(ミットを裏返す)

速い牽制の時は、ピッチャーはランナーを見ずにキャッチャーのミットだけ見る

ピッチャーは、キャッチャーの合図が出たら素早く牽制球を投げる

キャッチャーはショート又はセカンドがベースに入ろうとしたタイミングでサインを出す

サインはショートがキャッチャーに送り、キャッチャーから全体に出す

ピッチャー、キャッチャー、セカンド、ショート、センターが分かっていないと駄目

練習すれば、小学生でも可能

チャレンジしてみましょう

アウトに出来る可能性は非常に高い

初めて見た練習がいっぱいありました

コーチにも紹介してみますね

すべてキャッチボールに繋がっているって言葉は納得しました

基本が大切なんですね

ミモラ
ミモラ

たかがキャッチボール、されどキャッチボールです

高校野球でも、プロ野球でも大切な緊迫した試合の勝敗を左右するのはキャッチボールです

キャッチボールを疎かにすればキャッチボールに泣きます

野球は守備から(強いチームほど守備を疎かにしない)

この記事では、おすすめの守備練習5選について紹介しました

練習は子供が「楽しい」、「もっとやりたい」と感じることが重要

対象年齢によっても適している練習は変わる

プロ野球選手がやっているような特殊な練習をする必要はない

むしろ、特殊な練習は逆効果になりやすい

プロ野球選手は基礎ができているからこそ、特殊な練習に効果がある

少年野球では基本的な練習をアレンジしていきましょう

良い練習をするチームにはチーム選びが大切

優秀な指導者がいるチームを選びましょう

時間は無限ではない

あっという間に子供は成長してしまうから

時間を無駄にしないためにも親の判断が大切

選択を間違えると野球人生が大きく変わることもある

子供と相談しながら良いチームを選びましょう

良い野球選手になるには身体作りが大切

不足する栄養を効率的にサプリで補給することができる

背長期を逃すと手遅れになってしまう

今すぐ行動しましょう

「身長が低い」、「体が小さい」と悩む方にはこちらの記事がおすすめ

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

本日もお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA