【少年野球】上達するおすすめの走塁練習5選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球】上達するおすすめの走塁練習5選を元甲子園球児が徹底解説
  • 子供は盗塁が苦手です
  • 走塁が上達する練習方法が知りたい
  • 甲子園に出た人はどんな練習をやっていたの?
  • 走塁練習の注意点を教えて
  • 子供達に人気がある走塁練習は?

実は、少年野球の走塁練習で悩んでいる保護者や指導者は非常に多い

なぜなら、子供に走塁を指導するのは非常に難しいから

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

子供に教える難しさも良く分かる

この記事では自分の経験をもとに、おすすめの走塁練習5選を紹介

この記事を読めば、子供の走塁が確実に成長する

少年野球の練習メニューについてまとめている記事はこちらです。

【総集編】少年野球の練習メニューに悩む人はコレを見ろ!おすすめメニューを元甲子園球児が徹底解説!

おすすめの走塁練習5選

  1. 砂場でスライディング練習
  2. フリーバッティング中に「ワンバンゴー」の練習
  3. ディレードスチールにチャレンジ
  4. 他の試合を見てピッチャーや野手の癖を見抜く
  5. 野球脳を鍛えて積極走塁を身に付ける

少年野球の走塁練習は特殊な練習をするよりも、一般的な練習を工夫してやることがポイント

子供は気分のムラがあるのが特徴

子供が「楽しい」と感じる練習の方が集中して取り組むことができて効果が大きい

SNSで野球少年100人に対して「好きな走塁練習は何?」とアンケートを取ったので結果を紹介(複数回答可)

第1位スライディング練習40票滑るのが楽しい
色んな種類のスライディングがあるから
疲れないから
第2位盗塁の練習31票キャッチャーとの勝負が楽しい
3盗が楽しい
第3位ケースノック24票積極的な走塁をすると褒められる
試合で役に立つから
第4位ベースランニング7票ベースの角を踏むのが難しい
疲れる
第5位ダッシュ3票夏のダッシュはキツイ
足が速いと目立てる

砂場でスライディング練習

スライディングは上手く出来ないと痛い思いをする

グラウンドで下手なスライディングをすれば膝が血だらけになる

スライディング技術は必須

走塁が上手い選手は100%の確率でスライディングも上手い

スライディングの練習方法

  • 砂場で練習
  • ベース前に段ボールを敷く
  • 膝当てをする

失敗しても痛くない場所・・・・砂場です

砂場なら失敗してもケガをするリスクは低い

ある程度スライディングのフォームができるまでは砂場で練習しましょう

スライディングフォームが安定したらグラウンドに段ボールを敷いて練習すると良い

失敗しても痛みは緩和されるが、滑りすぎてしまう恐れがあるので注意してほしい

ユニフォームの中に膝当てを付ければ更に安全に練習することができる

スライディング練習は小学生のうちにしっかりやっておくことをおすすめする

中学生や高校生になると出来ることが当たり前として、練習メニューに入らないことが多いから

スライディングパンツは必須

野球にはスライディングパンツは必須

スライディングパンツを履いていないと上手いスライディングをしてもお尻が痛い

スライディンパンツはこちらがおすすめ

我が家の息子が使用しているが、履き心地も良くて耐久性もバッチリ

現時点で1年半ほど使用しているが、まだまだ余裕で使えそう

スライディングパンツを普通のパンツの上に履いている子がいるが、絶対に止めた方がいい

かさばって動きにくいし、蒸れてしまい体にも良くない

フリーバッティング中に「ワンバンゴー」の練習

キャッチャーにとってパスボールは禁忌

ピッチャーの投球がショートバウンドになったら身体で止めるのが原則

ということは、ミットで捕球できない可能性が高い

ランナーの立場からしたら、盗塁すれば必ず成功する

盗塁じゃなくても、ディレードスチールでもセーフになる確率は高い

ってことで、ピッチャーの投球がワンバウンドになると判断した時点でスタートを切ることが大切

この判断力を鍛えるにはフリーバッティングが最適

フリーバッティング中にランナーに入り、第2リードを取りながらスタートを切る練習をしましょう

  • ワンバンゴーをチームで徹底するだけで相手のキャッチャーにとっては脅威となる
  • コントロールが悪いピッチャーはワンバウンド投球になる可能性が高いので狙う
  • キャッチャーが上手く捕球してアウトにあることもあるが、あくまでも結果論であり継続して狙っていくことが大切
  • 継続していくことで身体に染みつく

ディレードスチールにチャレンジ

小学生でディレードスチールをやる選手は少ない

でも、少ないからこそ価値がある

ディレードスチールのコツは以下のとおり

チェックポイント

左バッターの時がチャンス

キャッチャーとバッターと自分(1塁ランナー)が重なる位置を見つける

キャッチャーがボールを捕球する瞬間にスタートを切る

バッテリーがバッターに集中している時が狙い目

ディレードスチールは、キャッチャーの肩が良くて通常の盗塁が出来ない時に有効

足の速さは関係ないので誰にでもチャンレンジできる

相手の隙を狙う戦術なので、足が遅いと思われている選手がやった方が効果的

初めは難しいかもしれないが、紅白戦や練習試合でチャンレンジすることによって、徐々に感覚が分かってくる

大切なのはチャレンジする度胸

失敗を繰り返すことでコツが分かってくる

この技術を身に付ければ野球選手にとって、大きな武器となる

他の試合を見てピッチャーや野手の癖を見抜く

野球が上達するのは、技術的な練習だけではない

人の試合を見ることも大切

人のプレーを見て参考になることはたくさんある

特に走塁においては、相手チームの癖を見抜くことで大きな違いが出る

癖を見抜くには、見るポイントを知ることが大切

数多く見ることで分かってくる

チェックポイント

【1塁にランナーがいる時】

連続牽制は何回まであるのか?

セットボジションに入ってから何秒でバッターに投げるか、いつも同じ?

牽制球の種類は何種類?

クイックができるピッチャーなのか?

【2塁にランナーがいる時】

ランナーを見るための首を振る回数は何回か、いつも同じ?

牽制がない時の、ショートセカンドの動きはいつも同じ?

牽制球を投げる時の回り方は、1種類?2種類?

ピッチャーには必ず癖がある

癖を盗めば簡単に盗塁できる

盗塁は足の速さだけではない

試合中の観察力が大切

良いピッチャーは、ボールを持つ時間や、首を振る回数を変化させる

良いピッチャーでも、バッターに集中する場面では疎かになるのでチャンスはある

チャレンジしてみましょう

注意ポイント
癖を盗むことはいいが、キャッチャーのサインを盗んだり、それをバッターに伝えるのは絶対にやってはいけない

野球脳を鍛えて積極走塁を身に付ける

走塁に必要なのは「野球脳」を鍛えること

ただ、足が速いだけでは良い走塁はできない

頭を使った走塁が大切

甲子園常連校では当たり前にやっていること

高校野球の中で一流と二流の違いに当たる部分

チェックポイント

常に次の塁を狙う

(ヒットはすべて2ベースを狙う)

ボールがピッチャーに戻るまでは絶対に目を離さない

高校野球でヒットを打った後にガッツポーズをしてボールから目を離している選手を見かける

あれは論外

ヒットを打ったならばボールから目を離すことなく全力で2ベースを狙うような走塁をしましょう

外野手がファンブルするかもしれない、転ぶかもしれない、内野までの送球が暴投になるかもしれない

そのようなミスが起こった時に、すぐにセカンドベースを奪えるように走りましょう

ミスがなくても守備位置が深かったり、ボールまでのアプローチが遅い、肩が弱い外野手の場合も2塁を狙える

試合前のシートノックをしっかり観察することが大切

このような走塁をしていると、相手の外野手は気を抜けなくなるためボールが飛んでくると緊張してミスが起こりやすくなる

高いレベルの試合になってくると送りバントも非常に難しい

送りバントなしでセカンドまでランナーが行ければ、一気にチャンスが広がる

とても大切なことなのでチャレンジしてみましょう

レギュラー争いをしている選手は、監督の目に止まること間違いなし

積極的な走塁以外にも野球のルールをしっかり覚えることも必要

野球のルールは複雑で難しい

走塁が上手い選手の共通点は、野球のルールを熟知していること

いっぱい野球の試合を見て、少しずつ勉強していきましょう

チェックポイント

1塁へ駆け抜ける時は、ファールゾーンへ駆け抜ける

フェアゾーンへ駆け抜けて、少しでも2塁を狙うような仕草があり、野手にタッチされればアウトになってしまう。

このルールは知らない人が多い

ファールゾーンに駆け抜ければ、まったく問題ない

問題なのは、フェアゾーンに駆け抜けたり、ファールゾーンに駆け抜けた後にフェアゾーンに入った時

内野手からの送球が暴投になった際は2塁を狙おうとする

そのまま2塁へ走ればいいが、間に合わないと思い止めた時はインプレーとなり野手にタッチされればアウトになる

この時の審判の判断は、「2塁を狙う姿勢があったかどうか」ということがポイント

野球の試合では多くあるシチュエーションなので覚えておきましょう

走塁は、ただ走るだけではない

野球の試合で勝つには総合力が必要

走塁では走ること以外にできることがある

チェックポイント

声で相手を揺さぶる

動作で相手を揺さぶる

バッテリーはランナーが走りそうだと気になる

気になるとストライクが入らなくなったり、逆に甘いボールが増える

そうすれば必然的にチャンスが拡大する

ランナーに出たら、相手バッテリーにプレッシャーをかけましょう

具体的には盗塁のスタートを切かけるるフリをしたり、ボールがピッチャーに戻るまではずっと次の塁を狙う姿勢を見せてプレッシャーをかける

ランナーは声を出すことは禁止されていない

ノーアウト、ランナー1,2塁でピッチャーライナーのケース

2塁ランナーが飛び出してしまった場合、1塁ランナーが大きな声で自分をアピールすれば、ピッチャーは1塁を見る

その間に2塁ランナーが帰塁できればダブルプレーは阻止できる

ランナーは声を有効活用することでチームの勝利に貢献できる

走塁は奥が深いですね

私は「野球脳」という言葉が印象に残りました

息子は決して足が速いタイプではありませんが、野球脳を鍛えれば走塁で活躍できそうなので勧めてみます

ミモラ
ミモラ

「野球脳」は走塁だけではなく、投球、守備、打撃とすべてに共通しています

努力で成長できる分野でもあるので頑張りましょう!

少年野球で「機動破壊」を起こそう

この記事では、おすすめの走塁練習5選について紹介しました

練習は子供が「楽しい」、「もっとやりたい」と感じることが重要

対象年齢によっても適している練習は変わる

プロ野球選手がやっているような特殊な練習をする必要はない

むしろ、特殊な練習は逆効果になりやすい

プロ野球選手は基礎ができているからこそ、特殊な練習に効果がある

少年野球では基本的な練習をアレンジしていきましょう

良い練習をするチームにはチーム選びが大切

優秀な指導者がいるチームを選びましょう

時間は無限ではない

あっという間に子供は成長してしまう

時間を無駄にしないためにも親の判断が大切

選択を間違えると野球人生が大きく変わる

子供と相談しながら良いチームを選んでほしい

1番は子供の気持ちを最優先に考えること

良い野球選手になるには身体作りが大切

不足する栄養を効率的にサプリで補給することができる

背長期を逃すと手遅れになってしまう

今すぐ行動しましょう

「身長が低い」、「体が小さい」と悩む方にはこちらの記事がおすすめ

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

本日もお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA