【少年野球】上達するおすすめの走塁練習5選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球】上達するおすすめの走塁練習5選を元甲子園球児が徹底解説
  • 子供は盗塁が苦手です
  • 走塁が上達する練習方法が知りたい
  • 甲子園に出た人はどんな練習をやっていたの?
  • 走塁練習の注意点を教えて
  • 子供達に人気がある走塁練習は?

実は、少年野球の走塁練習で悩んでいる保護者や指導者は非常に多いです。

なぜなら、子供に走塁を指導するのは非常に難しいから。

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上です。

高校時代には甲子園にも出場しました。

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強みです。

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきました。

子供に教える難しさも良く分かります。

この記事では自分の経験をもとに、おすすめの走塁練習5選を紹介します。

この記事を読めば、子供の走塁が上達し、試合で勝てるようになります。

少年野球の練習メニューについてまとめている記事はこちらです。

【総集編】少年野球の練習メニューに悩む人はコレを見ろ!おすすめメニューを元甲子園球児が徹底解説!

おすすめの走塁練習5選

  1. 砂場でスライディング練習
  2. フリーバッティング中に「ワンバンゴー」の練習
  3. ディレードスチールにチャレンジ
  4. 他の試合を見てピッチャーや野手の癖を見抜く
  5. 野球脳を鍛えて積極走塁を身に付ける

少年野球の走塁練習は特殊な練習をするよりも、一般的な練習を工夫してやることがポイントです。

子供は気分のムラがあるのが特徴ですよね。

子供が「楽しい」と感じることが大切です。

集中して取り組んだ方が効果が大きいは間違いないです。

SNSで野球少年100人に対して「好きな走塁練習は何?」とアンケートを取ったので結果を紹介します。(複数回答可)

第1位スライディング練習40票滑るのが楽しい
色んな種類のスライディングがあるから
疲れないから
第2位盗塁の練習31票キャッチャーとの勝負が楽しい
3盗が楽しい
第3位ケースノック24票積極的な走塁をすると褒められる
試合で役に立つから
第4位ベースランニング7票ベースの角を踏むのが難しい
疲れる
第5位ダッシュ3票夏のダッシュはキツイ
足が速いと目立てる

砂場でスライディング練習

スライディングは、上手く出来ないと痛い思いをしてしまいますよね。

グラウンドで下手なスライディングをすれば、膝が血だらけになります。

スライディング技術は、野球上達のために必須の技術です。

スライディングの練習方法

  • 砂場で練習
  • ベース前に段ボールを敷く
  • 膝当てをする

失敗しても痛くない場所・・・・それは、砂場です。

砂場なら失敗してもケガをするリスクは低いでしょう。

スライディングのフォームが固まるまでは、砂場で練習することをおすすめします。

スライディングフォームが安定したら、グラウンドに段ボールを敷いて練習しましょう。

失敗しても、痛みが緩和されます。

滑りすぎてしまう恐れがあるので注意しましょう。

ユニフォームの中に膝当てを付ければ、更に安全に練習できます。

スライディング練習は、小学生のうちにしっかりやっておきましょう。

中学生や高校生になると、練習メニューに入らないことが多いですから。

スライディングパンツは必須

スライディングパンツを履いていないと、お尻が痛いし怪我のリスクがあります。

おすすめのスライディンパンツはこちらです。

我が家の息子が使用しています。

履き心地も良くて、耐久性もバッチリです。

現時点で1年半ほど使用しているが、劣化が少ないです。

スライディングパンツの履き方について注意勧告です。

普通のパンツの上に履いている子がいるが、絶対に止めてください。

動きにくいし、蒸れてしまい体にも良くありません。

自分も高校に入るまでは知りませんでしたので、知らない人も多いのではないでしょうか?

フリーバッティング中に「ワンバンゴー」の練習

キャッチャーにとって、パスボールは絶対にやってはいけないことです。

キャッチャーのレベルを評価する1つの指標でもあります。

そのため、ピッチャーの投球がショートバウンドになったら、身体で止めるのが原則です。

ということは、ミットで捕球できない可能性が高いですよね。

ランナーの立場からしたら、盗塁すれば必ず成功します。

ディレードスチールでもセーフになる確率は高いでしょう。

ということで、ピッチャーの投球がワンバウンドになると判断した時点で、スタートを切るようにしましょう。

判断力を鍛えるには、フリーバッティングが最適です。

フリーバッティング中、第2リードを取りながらスタートを切る練習をしましょう。

  • ワンバンゴーをチームで徹底するだけで相手のキャッチャーにとっては脅威となる
  • コントロールが悪いピッチャーはワンバウンド投球になる可能性が高いので狙う
  • キャッチャーが上手く捕球してアウトにあることもあるが、あくまでも結果論であり継続して狙っていくことが大切
  • 継続していくことで身体に染みつく

ディレードスチールにチャレンジ

ディレードスチールをやる選手は、少ないですよね。

でも、少ないからこそ価値があります。

ディレードスチールのコツ

左バッターの時がチャンス

キャッチャーとバッターと自分(1塁ランナー)が重なる位置を見つける

キャッチャーがボールを捕球する瞬間にスタートを切る

バッテリーがバッターに集中している時が狙い目

ディレードスチールは、キャッチャーの肩が良くて、通常の盗塁が出来ない時に有効です。

足の速さは関係ないので、誰にでもチャンレンジできます。

相手の隙を狙う戦術なので、足が遅いと思われている選手がやった方が効果的でしょう。

初めは難しいかもしれないが、紅白戦や練習試合でチャンレンジすることによって、徐々に感覚が分かってきます。

大切なのは、チャレンジする度胸です。

失敗を繰り返すことで、コツが分かってくるでしょう。

この技術を身に付ければ、野球選手にとって大きな武器となります。

他の試合を見てピッチャーや野手の癖を見抜く

野球が上達するのは、技術的な練習だけではありません。

人の試合を見ることも大切です。

参考になることは、たくさんあるでしょう。

特に走塁においては、相手チームの癖を見抜くことで大きな違いが出ます。

癖を見抜くには、見るポイントを知ることが必要です。

数多く見ることが大事です。

チェックポイント

【1塁にランナーがいる時】

連続牽制は何回まであるのか?

セットボジションに入ってから何秒でバッターに投げるか、いつも同じ?

牽制球の種類は何種類?

クイックができるピッチャーなのか?

【2塁にランナーがいる時】

ランナーを見るための首を振る回数は何回か、いつも同じ?

牽制がない時の、ショートセカンドの動きはいつも同じ?

牽制球を投げる時の回り方は、1種類?2種類?

良いピッチャーは、ボールを持つ時間や首を振る回数を変化させます。

良いピッチャーでも、バッターに集中する場面では、疎かになるのでチャンスはあります。

チャレンジしてみましょう。

注意ポイント
癖を盗むことはいいが、キャッチャーのサインを盗んだり、それをバッターに伝えるのは絶対にやってはいけない

野球脳を鍛えて積極走塁を身に付ける

走塁に必要なのは、「野球脳」を鍛えることです。

ただ、足が速いだけでは、良い走塁はできません。

頭を使った走塁が大切です。

甲子園常連校では、当たり前にやっていることになります。

高校野球の中で、一流と二流の違いになる部分です。

チェックポイント

常に次の塁を狙う

(ヒットはすべて2ベースを狙う)

ボールがピッチャーに戻るまでは絶対に目を離さない

高校野球でヒットを打った後、ガッツポーズをしてボールから目を離している選手を見かけます。

あれは、論外です。

ヒットを打ったならば、ボールから目を離すことなく、全力で2ベースを狙うような走塁をしましょう。

外野手がファンブルするかもしれません。

野手が転ぶかもしれません。

内野までの送球が暴投になるかもしれません。

ミスが起こった時に、すぐにセカンドベースを奪えるように走りましょう。

守備位置が深かったり、ボールまでのアプローチが遅い、肩が弱い外野手の場合も2塁を狙えます。

試合前のシートノックをしっかり観察することが大切です。

常に次の塁を狙う走塁をしていると、相手の外野手は気を抜けなくなります。

ボールが飛んでくると緊張し、ミスが起こりやすくなるでしょう。

高いレベルの試合になってくれば、送りバントも非常に難しくなります。

送りバントなしで、ランナーが進塁できれば一気にチャンスが広がるでしょう。

レギュラー争いをしている選手は、監督の目に止まること間違いなしです。

積極的な走塁以外にも、野球のルールをしっかり覚えることも必要です。

野球のルールは、複雑で難しいですよね。

走塁が上手い選手の共通点は、野球のルールを熟知しています。

野球の試合をたくさん見て、少しずつ勉強していきましょう。

チェックポイント

1塁へ駆け抜ける時は、ファールゾーンへ駆け抜ける

フェアゾーンへ駆け抜けて、少しでも2塁を狙うような仕草があり、野手にタッチされればアウトになってしまう。

このルールを知らない人が多いです。

ファールゾーンに駆け抜ければ、まったく問題ありません。

問題なのは、フェアゾーンに駆け抜けたり、ファールゾーンに駆け抜けた後にフェアゾーンに入った時です。

内野手からの送球が暴投になった際は、2塁を狙おうとしますよね。

そのまま2塁へ走ればいいが、間に合わないと思い止めた時は、インプレーとなり野手にタッチされればアウトになってしまいます。

審判の判断は、「2塁を狙う姿勢があったかどうか」ということです。

野球の試合では、よくあるプレーなので覚えておきましょう。

走塁は、ただ走るだけではありません。

野球の試合で勝つには、総合力が必要です。

走塁では、走ること以外にできることがあります。

チェックポイント

声で相手を揺さぶる

動作で相手を揺さぶる

バッテリーは、ランナーが走りそうだと気になるものです。

気になれば、ストライクが入らなくなったり、逆に甘いボールが増えます。

必然的にチャンスが拡大するでしょう。

ランナーに出たら、相手バッテリーにプレッシャーをかけましょう。

盗塁のスタートを切かけるるフリをしたり、ボールがピッチャーに戻るまではずっと次の塁を狙う姿勢を見せます。

ランナーは、声を出すことは禁止されていません。

ノーアウト、ランナー1,2塁でピッチャーライナーのケースで説明します。

2塁ランナーが飛び出してしまった場合、1塁ランナーが大きな声で自分をアピールすれば、ピッチャーは1塁を見るでしょう。

その間に2塁ランナーが帰塁できればダブルプレーは阻止できます。

ランナーは声を有効活用することで、チームの勝利に貢献できます。

少年野球で「機動破壊」を起こそう

この記事では、おすすめの走塁練習5選について紹介しました。

練習は子供が「楽しい」、「もっとやりたい」と感じることが重要です。

対象年齢によっても、適している練習は変わります。

プロ野球選手がやっているような、特殊な練習をする必要はありません。

特殊な練習は逆効果になりやすいですから。

プロ野球選手は、基礎ができているからこそ、特殊な練習に効果があります。

少年野球では、基本的な練習をアレンジしていきましょう。

良い練習をするチームには、チーム選びが大切です。

優秀な指導者がいるチームを選びましょう。

時間は無限ではありません。

あっという間に子供は成長してしまいます。

時間を無駄にしないためにも、親の判断が大切です。

選択を間違えると、野球人生が大きく変わります。

子供と相談しながら良いチームを選んでほしいです。

1番は、子供の気持ちを最優先に考えることですね。

良い野球選手になるには、体作りが大切です。

不足する栄養は、効率的にサプリで補給することができます。

背長期を逃すと手遅れになってしまいます。

今すぐ行動しましょう。

「身長が低い」、「体が小さい」と悩む方にはこちらの記事がおすすめです。

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA