【少年野球で離婚!?】少年野球で家庭崩壊する原因5選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球で離婚!?】少年野球で家庭崩壊する原因5選を元甲子園球児が徹底解説
  • 子供が少年野球を始めてから夫婦喧嘩が増えた
  • 少年野球のストレスがすごいです
  • 少年野球の価値観は夫婦で同じですか?
  • 子供が少年野球を始めたらセックスレスになりました
  • 週末が忙しくて体の疲れが取れません

実は、少年野球が理由で家庭崩壊する人がいる

その理由は、親の負担が大きいことや価値観の違いによるものなど様々

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

我が家でも夫婦仲が悪くなった時期もあった

この記事では、自分の経験をもとに少年野球で家庭が崩壊する原因5選について解説

この記事を読めば、少年野球をやっていても円満な家庭を築くことができる

少年野球で家庭が崩壊する原因

  1. 少年野球の保護者はセックスレスが多い!?
  2. 少年野球をやっていると他の兄弟が犠牲になる
  3. 少年野球に対する価値観が違う
  4. 少年野球の月謝は家計を圧迫する
  5. 少年野球と勉強の両立は難しい

少年野球にはお茶当番など多くの問題がある

少年野球のデメリットについてまとめた記事はこちら

【少年野球のデメリット】うんざりする親の負担と問題点5選を元甲子園球児が徹底解説

少年野球の保護者はセックスレスが多い!?

少年野球はお茶当番や練習の手伝い等で保護者の負担が大きい

子供よりも親の方が大変といっても過言ではない

その結果、多くのストレスがかかり夫婦仲が壊れてしまうケースが少なくない

セックスレスの主な要因は下記の3点です。

  1. 時間がない
  2. 他の保護者との人間関係でストレスが溜まる
  3. 負担が大きくて疲れが溜まる

ストレスが溜まると「性欲」が減ってしまう

少年野球で溜まったイライラを家庭でお互いにぶつけてしまうようになる

家庭内が険悪な雰囲気になり夜の営みどころではなくなる

平日は仕事、週末は少年野球の手伝いで1日中グラウンドにいれば疲労は蓄積する

疲れがなくても自分の体に衰えを感じ始める年代

夫婦の時間を作りたくても、思うようにならない人も増えてくる

セックスレスの悪影響
情緒不安定になる

浮気される可能性が高くなる

身体の変化に気づきにくい

幸福感の感じ方は人により様々ですが、気持ち良いセックスで幸福感を得ることができるのは確か

セックスレスには、双方が望まない場合と一方のみが望まないケースがある

一方のみが望まないケースは深刻な問題

夫婦間で満たせることができなければ、外で求めるようになってしまう可能性が高い

家庭崩壊の危機になる

セックスレスの対策
サプリメントを活用する

保護者の負担がない少年野球チームに移籍する

疲労や加齢により思うようにできない方にはサプリメントがおすすめ

自分も40代になって異変を感じ始めて飲むようになりましたが、飲む前とは全然違う

自信を持って夫婦の時間を過ごせるようになった

自分が実際に試したサプリメントを3種類紹介

エデース亜鉛
疲れていても活力があり夜まで頑張ることができる

自然なパワーが持続する
エディタルEX
最強パワー(硬さ、複数回可能)

20代前半の威力があります
クラチャイダムゴールド
500円で試すことができるのでコスパ抜群

500円でも十分に効果を実感できる

少年野球をやっていると他の兄弟が犠牲になる

  • 他の兄弟姉妹は希望する習い事ができない
  • 他の兄弟姉妹は親の愛情不足になりやすい
  • 家族旅行など家族のイベントが少なくなる

子供が少年野球をやっていると週末は練習の手伝いやお茶当番で潰れてしまう

他の兄弟が習い事をやりたくても簡単に両立はできない

親としては苦渋の決断

特に週末に活動するスポーツ系の習い事と少年野球の両立は不可能に近い

子供によっては、親に言えずに我慢する子もいる

幼い子供の心に蓄積された我慢は悪影響

少年野球をやっていない子供にしてみれば、親と接する時間が短くなり親からの愛情が不足する

子供が少年野球を始めると家族旅行に行けなくなることが多い

週末は少年野球が必ずある

昔に比べれば練習を休むことにも寛容になってきているが、休むのには気が引けるのは今も同じ

家族旅行は家族のコミュニケーションや思い出作りの大切なイベント

子供が小学生のうちに行かないとチャンスがなくなってしまう

少年野球に対する価値観が違う

少年野球をやっていると、子供よりも親の方が熱くなってしまっている家庭をよく見かける

親が子供に過剰な期待をしてしまうと子供にとっては重荷になり、野球が楽しくなくなる

少年野球に無関心であることも子供にとっては辛い環境

適度な距離感で少年野球を応援してあげましょう

子供とのコミュニケーションで必要なこと
共有目標

共有時間

対話

共同目標を持つことで親子で同じテンションで野球に取り組むことができる

夕食は家族一緒にとり、子供と話す時間を作りましょう

共有時間を作り、話をすることで円満な親子関係を築くことができる

子供の気持ちをしっかり聞いてあげることが重要

親が熱くなってしまっている場合は夫婦のどちらかが注意しましょう

少年野球に対する思いがバラバラだと家族間のコミュニケーションが不足する

価値観がずれていると、話をしてもケンカになってしまうため、自然と話をしないようになってしまう

コミュニケーション不足は家庭崩壊の前兆

夫婦で同じ価値観であれば良いが、どちらかが不満に感じるようであれば問題

感じ方に個人差があるのでトラブルは必然的に多くなる

少年野球は親の負担は人によって感じ方が様々

喜んで前向きに取り組む人もいれば、仕方なくストレスを抱えながら取り組む人もいる

少年野球の親の負担5選
① お茶当番

② 練習の手伝い

③ 試合の審判

④ 配車問題(子供達の送迎)

⑤ 保護者会のトラブル

父親と母親がしっかり話し合い、どこまで親の負担を受け入れるか話し合うことが大切

少年野球の月謝は家計を圧迫する

少年野球は月謝や道具、ユニフォーム代と家計を圧迫する

裕福な家庭は別だがギリギリの家計管理をしている家庭では、少年野球が原因で揉めることもある

自分が少年野球チームのコーチをしていた5年の間にもお金が原因で家庭崩壊した家庭があった

家庭崩壊を予防するために、おすすめの対策を紹介

  1. ほぼオートモードで毎年1500円分のポイントが貰えるMUJIカード
  2. 児童手当を活用して資産運用する
  3. 学資保険で将来のお金に備える
  4. ポータブル電源を活用して電気代を節約

サービスがなくなる前に申し込み

社会勉強の1つとして

資料請求もこちらから

電気代の節約にはポータブル電源

少年野球と勉強の両立は難しい

家庭トラブルの1つが子供の勉強方針について夫婦で考えが違うこと

特に一方の親が野球に熱くなってしまっている家庭に多い

小学生の本業は勉強であるにも関わらず、野球中心の生活になることで学校の成績が落ちてしまう

野球と勉強の両立は簡単ではないが決して不可能ではない

むしろ、高校野球では進学校の野球部の方が強い傾向

我が家では進研ゼミ小学講座を活用して、野球と勉強の両立を実現している

その証拠がこちらの成績

学校の宿題にプラスして毎日20分進研ゼミをやるだけで驚くほど成績が上がった

進研ゼミ小学講座がおすすめの理由


進研ゼミ小学講座は無料の資料請求でお試しができる

進研ゼミ小学講座では、授業の予習と復習ができるので効率が良い

進研ゼミ小学講座ではコツコツと努力する成功体験が経験でき野球に活かすことが出来る

無料の資料請求はこちら

資料請求は無料なんでノーリスク

野球と勉強の両立ができれば家庭崩壊が起こる可能性は低くなる

ちょっとした努力でリスクを回避できる

野球に集中するためにも進研ゼミ小学講座で野球と両立しましょう

少年野球で家庭崩壊しては本末転倒

この記事では、少年野球で家庭が崩壊する原因5選について解説しました

少年野球の保護者には様々な負担がある

負担はストレスとなり、思いもよらない家庭トラブルに発展する

子供が野球を楽しむために少年野球を始めたのに、家庭崩壊して子供を悲しませては本末転倒

そうならないためにも、この記事で紹介した対策を実践して円満な家庭を守りましょう

家庭崩壊を予防するためには、物理的に親の負担を取り除くこと

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA