【少年野球】上達するおすすめのバッティング練習5選を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球】上達するおすすめのバッティング練習5選を元甲子園球児が徹底解説
  • 子供が試合でヒットを打てません
  • バッティングが上達する練習方法が知りたい
  • 甲子園に出た人はどんな練習をやっていたの?
  • バッティング練習の注意点を教えて
  • 子供達に人気があるバッティング練習は?

実は、少年野球でバッティング練習で悩んでいる保護者や指導者は非常に多い

なぜなら、子供にバッティングを指導するのは非常に難しいから

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

子供に教える難しさも良く分かる

この記事では自分の経験をもとに、おすすめのバッティング練習5選を紹介

この記事を読めば、子供のバッティングが確実に成長する

少年野球の練習メニューについてまとめている記事はこちらです。

【総集編】少年野球の練習メニューに悩む人はコレを見ろ!おすすめメニューを元甲子園球児が徹底解説!

おすすめのバッティング練習5選

  1. バットコントロールを身に付けるにはトスバッティング
  2. パワーを身に付けるにはティーバッティング
  3. 実戦感覚を養うにはフリーバッティング
  4. 頭を使った野球を身に付けるにはケースバッティング
  5. 小技を身に付けるにはバント練習

少年野球のバッティング練習は特殊な練習をするよりも、一般的な練習を工夫してやることがポイント

子供は気分のムラがあるのが特徴

子供が「楽しい」と感じる練習の方が集中して取り組むことができて効果が大きい

SNSで野球少年100人に対して「好きなバッティング練習は何?」とアンケートを取ったので結果を紹介

(複数回答可)

第1位フリーバッティング76票思いっきり打てて楽しい
試合の時の感覚で練習できるから
速いピッチャーとの対戦が楽しい
第2位ケースバッティング59票試合形式なので楽しい
サインプレーの練習ができる
試合で役に立つ練習だと思うから
第3位ロングティー38票遠くに飛ばすのが楽しい
練習すればするほど遠くに飛ばせるようになる
第4位素振り30票バッティングの基本だから
練習の中で1番大切だと思う
動画で撮ると自分の振りが分かる
第5位バント練習21票小柄だからバント練習は大事
狙ったところに転がせると嬉しい
セーフティーバントが好きだから
第6位トスバッティング15票ピッチャーに返せるようになると楽しい
家でもできるから毎日やっている

トスバッティング

トスバッティングはバットコントロールを身に付けるのに最適な練習

チームによっては「ペッパー」と呼ぶこともある

2人1組でピッチャーとバッターに分かれる

ピッチャーは5メートルくらいの距離から軽く投げてバッターはワンバウンドで返す

練習すれば出来るようになるが、小学生は最初難しいと感じる

ピッチャーに上手く返せない場合は3人1組で1人は守備にしても大丈夫

バッターはバットにボールを当てる感覚を覚える

どのくらいの角度でバットのどの位置に当てればピッチャーに返せるのか考えながら打ちましょう

内角のボールと外角のボールでは角度が変わる

8割から9割くらいピッチャーに返せるように練習しましょう

ピッチャーはコントロールの練習はもちろんだが守備の練習にもなる

内野手になったつもりで捕ったらすぐに投げましょう

ピッチャーに返すのが難しい場合は、バントから始めても良い

プッシュバントから始めて、バスターに移行していけば徐々にできるようになるでしょう

自分にとっては調子が良いか悪いかのバロメーターになっている

調子が良い時はキレイに返すことができる

逆に返せない時は悪い所が分かるので修正しやすい

トスバッティングで上手く返せない時
バットが内側ではなくて外側から出ている

ボールから目を切るのが早すぎる

ティーバッティング

ティーバッティングはどの少年野球チームでもやっている基本的なバッティング練習

2人1組で斜め前方から座ってトスを上げたボールをネットに向かって打つ練習

主な目的はバッティングフォームを固めたり、パワーアップのために行う

ティーバッティングを少し工夫することで効果的な練習となる

ロングティー
通常はネットに向かって打つところを広いグラウンドに向かって打つ

遠くに飛ばすことを目的としている

パワーアップに繋がる
連続ティー
通常は1球1球間隔を空けて打つが10球、20球、30球と球数を決めて連続で打つ

スタンスは広く取った状態で振ったらすぐにトップの位置を作る

パワーアップ、体勢が崩れた状態でも強く打つ練習になる

ロングティーは子供達にも人気

遠くに飛ばすことを目的としているため、競い合いながら楽しく練習できる

野球を始めたばかりの初心者にもおすすめ

連続ティーは初心者には難しいが、徐々に球数を増やしていけば出来るようになる

小学6年生で50球連続を目標にしましょう

100球連続で出来ればトップクラス

30球を1セットもやれば体がかなり温まるので冬場の練習におすすめ

ロングティーや連続ティーがある程度できるようになったら、マスコットバットで打つことをおすすめする

パワーアップとフォーム固めにより一層効果がある

フリーバッティング

フリーバッティングも基本的な練習で多くのチームで実施している

2か所又は3か所でピッチャーの投げた球をバッターが打つ

分かりやすくいえば、バッティングセンターと同じ

フリーバッティングは、いかに意識を高くして打つかがポイント

2流選手は何も考えずに、ピッチャーが投げた球を打つ

逆に1流選手は色々なことを考えている

  • 打つ方向を決める(右方向へ流す、左方向に引っ張る)
  • ゴロを打つ練習(ボールの上っ面を打つ)
  • エンドランのサインが出ていることを想定して打つ
  • 犠牲フライを狙って打つ

フリーバッティングで練習していなければ実戦で成功することはない

ただ、打つだけなら誰でもできる

テーマを持ってフリーバッティングをやりましょう

ケースバッティング

ケースバッティングは実戦形式のバッティング練習

実際に守備やランナーを付けて実際の試合と同じように打席に入る

指導者がサインを出してサインプレーの練習をするのもケースバッティングで行う

バッターだけでなく、ランナーや守備の判断がとても大切

野球はプレーの間に監督が指示することは可能ですが、実際にボールが動いている時に指示することはできないのが特徴

各選手が次に起こるプレーを予想して準備し、実際に判断する力が重要

様々なケースで自分に何が求められているかを判断できるようになりましょう

最終回で1対1の同点、1アウト、ランナー2塁
ヒットを打てばサヨナラ勝ちできる

ヒットじゃなくても右方向へのゴロならば2アウト3塁になり得点チャンスが拡大する

1番悪いのは、三振と平凡な内野フライ

絶対にゴロを転がそう

こんな感じに打席で考えることができるようになるのが理想

バント練習

バッティングは打つだけがすべてではない

バントも立派な戦術

バントを疎かにしている選手は大成しない

バント練習は単調になりがちなので効果的な練習方法を紹介する

ホームベース、1塁、2塁、3塁ベースの4か所でバント練習を行う

ピッチャーはマウンド付近に4人準備する

バント練習する選手は4か所に均等に配置し、バントしたならば時計回りにバットを持ってダッシュする

こうすることで、バント練習とダッシュの両方を行うことができる

単調なバント練習が体力作りを兼ねる練習に変わる

  1. 送りバント
  2. スクイズ
  3. セーフティバント
  4. プッシュバント

4か所あるので場所ごとに4種類のバントに分けて練習するのがおすすめ

最低でも1日にダイヤモンドを3周くらいはするように練習しましょう

プッシュバントを練習する少年野球チームは少ない

その分、守備の時にもプッシュバントを警戒するチームは少ないため効果的な戦術

しっかり練習すれば難しい技術ではない

送りバントができれば誰でもプッシュバントもできる

どの練習もうちの少年野球チームでやっているものばかりですが、こういった工夫はしたことがありませんでした

コーチにも紹介してみますね

ミモラ
ミモラ

野球の練習は長時間やればいいといものではありません

特に最近ではその傾向が強くなっています

短時間で効果的な練習が求められている時代なので工夫することが大切です

子供達が大好きなバッティング練習を効果的にやろう

この記事では、おすすめのバッティング練習5選について紹介しました

練習は子供が「楽しい」、「もっとやりたい」と感じることが重要

対象年齢によっても適している練習は変わる

プロ野球選手がやっているような特殊な練習をする必要はない

むしろ、特殊な練習は逆効果になりやすい

プロ野球選手は基礎ができているからこそ、特殊な練習に効果がある

少年野球では基本的な練習をアレンジしていきましょう

良い練習をするチームにはチーム選びが大切

優秀な指導者がいるチームを選びましょう

時間は無限ではない

あっという間に子供は成長してしまう

時間を無駄にしないためにも親の判断が大切

小学生のうちは野球を楽しみながら基礎をしっかり学ぶことを最優先にするべきだ

身体が小さいうちから過酷な練習をすることによって、ケガをしてしまい野球人生が終わってしまうことも少なくない

子供の身体と心の成長に合わせてチームを変えることも有効

ずっと1つのチームで野球をやらないといけないことはない

選択を間違えると野球人生が大きく変わる

子供と相談しながら良いチームを選んでほしい

良い野球選手になるには身体作りが大切

不足する栄養を効率的にサプリで補給することができる

背長期を逃すと手遅れになってしまう

今すぐ行動しましょう

「身長が低い」、「体が小さい」と悩む方にはこちらの記事がおすすめ

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

本日もお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA