【少年野球の監督・指導者と合わない】注意点と対策を元甲子園球児が徹底解説

広告

【少年野球の監督・指導者と合わない】注意点と対策を元甲子園球児が徹底解説
  • 監督から嫌われていて試合に出してもらえない
  • 監督と相性が悪い・・・。チームを変えるべき?
  • 監督に気に入られるためにはどうすればいいの?

実は、野球をやっている子で監督と合わなくて悩んでいる人は非常に多い

子供も悩んでいるし、保護者も同様に悩んでいる方が多い

なぜなら、野球で監督と合わないと野球が楽しくなくなるから

野球をやっていれば、人生で何人かの監督や指導者と出会う

その中には、自分と合う人がいれば合わない人もいる

これは、少年野球からプロ野球まで、レベルに関係なくあること

少年野球では子供だけではなく、親が監督と合わないこともある

自分も高校野球で経験した

今でもスッキリしていないのが実際のところ

ただ、時間が経って分かってきたこともある

今、まさに経験している人は悩んでいるでしょう

中には、野球が嫌いになっている人もいるかもしれない

そんな方の力になりたい

自分の経験談を伝えて、少しでも参考になれば

自分は小学校3年から野球を始めて野球歴は30年以上

高校時代には甲子園にも出場

親となってからは少年野球のコーチを5年間務めた経験が強み

しかし、少年野球では多くのトラブルや悩みに直面し、何度も挫折や失敗を繰り返してきた

この記事では、自分の経験をもとに野球で監督と合わない場合の対処法を年代別に解説

この記事を読めば、監督と合わない場合にどうすればいいかが分かる

背が低い野球少年にはこちらの記事がおすすめ

背が伸びるチャンスは限られている

今、行動せずに後悔することがないようにしましょう

この記事の結論

少年野球で監督と合わずに悩んでいる人は積極的にチームを変えるべき

中学野球で監督と合わずに悩んでいる人は、部活かクラブチームかによって対応が変わる

高校野球で監督と合わずに悩んでいる人は、基本的には絶えて大学野球に向けて準備する(我慢が限界の場合は転校も視野に入れる)

更に上のレベルの大学野球、社会人野球、プロ野球でも同様のことはある

監督も人間なのでこの問題がなくなることはない

この問題と上手く付き合っていくことが大切

監督と合わずに悩んでいる人の年代別の対処法

国の統計では野球人口の約2割が監督やコーチと合わなくて悩んでいる

実際に自分がコーチを務めた少年野球チームでも約2割の選手が悩みを抱えていた

野球には監督との相性以外にも多くの問題がある

この問題で頭を悩ませている人は多数いる

少年野球の問題点について書いた記事はこちら

https://mimoranoblog.com/yabai5senn/

【少年野球のデメリット】親の負担5選と問題点4選を元甲子園球児が教えます

息子も監督と合わなくて悩んでいます・・・。

アドバイスをお願いします。

ミモラ
ミモラ

少年野球で悩みを抱えている人はたくさんいます。

ストレスを抱えてまで野球をやる必要はありません。

現代のニーズに合った野球をやりましょう。

少年野球

監督と合わない具体的な悩み

このデータは自分がコーチを務めた少年野球チームの子供の悩みランキング

  1. 監督からいつも怒られる
  2. 試合に出してもらえない
  3. 練習で指導してもらえない
  4. ミスをすると頭を叩かれる
  5. 無視される

大人の悩みランキング

  1. 指導方針が合わない
  2. えこひいきが激しい
  3. 保護者の意見を聞いてくれない
  4. 子供に体罰をする
  5. 野球が古い

子供が指導者と合わない場合

子供の気持ちを優先すること

この時期の野球は勝ち負けよりも楽しむことが大切

野球の楽しさを学ぶことを重要視した方が良い

子供が楽しくないと感じているならば、チームを変えるべき

少年野球のチームはたくさんある

無理に続ける必要はない

親が指導者と合わない場合

最優先は子供の気持ち

親の都合で環境を変えるのは良くない

子供が楽しんでいるならば親は我慢するべき

指導者と合わなければ、程よい距離感を保ち、子供のために環境を整えてあげるべき

注意すべきは子供の前で指導者の悪口を言わないこと

子供はしっかり聞いている

子供はとても繊細

ふとしたことで、子供の気持ちが揺らがないように注意しましょう

中学野球

中学生は、クラブチームか学校の野球部かによって変わる

クラブチームの場合は、基本的には少年野球と同じ考えでいい

ただ、中学生になるとただ楽しいだけじゃダメ

厳しさも必要な時期

指導者と合わない理由は何なのかをしっかり考えるべき

少しでも自分自身に理由があるのであれば、継続して努力することも必要

中学校の野球部の場合は、簡単にチームを変えることはできない

ただ、中学校の部活動の在り方が変革期に入っている

教職員の負担増加などが理由

これから段階的に変わっていく

指導者を外部コーチにするところもある

部活動自体を中学校の教育から外し、各々がクラブチームで活動する計画もある

要は、小学生の延長

これからの情報を得ていく必要がある

都道府県や地区によっても違うが、徐々に部活の在り方が変わってきている

自分が住んでいる地区でもクラブチームでの活動を認めている

中学の部活には所属せずにクラブチームで好きなスポーツをやる子が増えてきている

中学校の部活動は変革期なんですね。

確かに社会が大きく変わってきてるから変化は必要ですね。

ミモラ
ミモラ

時代と共に変化していくのは良いことだと思います。

やりたいスポーツの部活がないって問題もなくなるので。

高校野球

簡単に学校を変えることはできない

高校野球は野球人にとって1つも目標である甲子園を目指す時期

指導者と合わなかった時は、とにかく練習して絶対的な実力を付けるべき

チームに欠かせない存在

そうなれば、監督の好き嫌いだけで判断できなくなる

絶対的な実力がない、どんぐりの背比べだから負ける

自分がまさにそうだった

また、野球はここだけではないってことを忘れてはいけない

今の監督がずっと続くわけではない

だから監督に媚びを売るようなことはしてはいけない

ぶっちゃけ、人間なんて合わないものは合わない

無理をする必要はない

他の指導者、中学生時代の指導者、小学生時代の指導者に時間を見つけて指導してもらうのも1つの方法

その後の野球人生のために練習すればいい

自分みたいに絶対に腐ってはいけない

絶対に野球を嫌いになってはいけない

たかが、1人の監督のせいで、そんな風になってはもったいない

今では、YouTubeなどで情報を得ることもできる

高校時代に補欠でもプロ野球選手になった方もいる

元巨人の上原投手や松原選手など

雑草魂は本当の強さ

絶対に諦めない気持ちが大切

監督、指導者と合わなくても、「いつか見てろ」と反骨心をもってひたむきに、真摯に練習に取り組むのが私なりの答え

ただ、人生は1回きりなのも事実

高校を変えて甲子園を目指し、実際に出場した選手もいる

自分が後悔しないことが大切

高校を転校するのも決して悪いことではない

高校を転校することは全然大丈夫

公式戦への出場は規制がありますが、出場することもできる

大切な青春時代を無駄にしないためにも検討してみましょう

どんな状況になっても練習を一生懸命やるのが大切

練習は嘘をつかない

絶対に無駄にはならない

大好きな野球をおもいっきり楽しもう

監督と合わなかった体験談

自分は少年野球、中学野球、中学の練習場、高校野球、草野球(割と本気のやつ)を経験している

その中で監督は6人、コーチや部長などを含めた指導者は約30人と出会った

人はどうしても好き嫌いがある

自分は比較的、好かれやすいタイプの人間だと自己分析している

自分で言うのは変だが、ここは大事な部分なんで客観的に判断して正直な気持ちで

中学野球までに出会った監督や指導者からは大変良くしていただいた

今でも本当に感謝している

ぶっちゃけ「俺ってヒイキされてるなぁ」って思ったことも多々あった

正直、監督と合わないってことは自分には無縁だと思っていた

しかし、高校野球で出会った監督とは、まったく合わなかった

監督に相手にされていない、監督に見られていないって思いが常にあった

どうしたらいいんだろう?ってずっと悩んでいた

今まで経験がなかったので余計に・・・。

甲子園を夢見て高校に入ったのに、どうなっちゃうんだろう?って

フリーバッティングをしていても、他の選手は指導を受けるのに自分には何も指導してくれない

守備も同じ

相手にされないのが1番辛いんだって初めて知った

そんな状態がずっと続き、気持ちがスッキリしないまま最上級生を迎えた

目標はレギュラーだったが、新チームでは控え

ベンチ入りは出来たが、レギュラーと力の差は感じていなかったので納得はしていなかった

高校野球には、秋、春、夏と年に3回の大きな大会がある

秋は春の選抜甲子園、夏は甲子園の選手権大会に繋がる大きな重要な大会

秋の大会中に、レギュラー選手が不調になり、自分に出番が回ってきた

はっきり言って、監督に気に入られていないから試合に出るのは諦めていた

しかし、突然チャンスが回ってきたので「頑張ろう」って覚悟を決めた

高校に入って初めてのレギュラー

「レギュラーになったんだから、さすがに色々と指導されるよな」って思っていたが、監督が自分に接する状況は変わらない

?????????って感じ

試合に出れるからいいやって割り切ることにした

しかし、高校野球の集大成である夏の大会前にレギュラーは剥奪された

理由は今でも分からない

今でも納得はしていない

ある意味、今でも自分の中での高校野球は終わってないのかもしれない

そこからは、完全に腐った

正直、野球が嫌いになった

不完全燃焼のまま高校野球を終えることになるとは思いもしなかった

ちなみに、高校野球には監督以外に2人の指導者がいた

部長と副部長

その方たちからは指導もしていただいたり、話しかけてもらったりと良くしていただいた

1番の権限者である監督だけ合わなかった

高校3年の夏に部活が終わってからは、顔をみるのも嫌で避けていた

ずっと話もしなかった

今も

成人してからも何度かは会う機会がありましたが口を聞くことはない

そんな自分の苦い思い出

高校卒業後は、草野球をやっているが、そこで出会った監督には大変よくしていただき、楽しく野球をやらせていただいている

監督に気に入られるためには

出来ることなら監督に気に入られて気持ちよく野球をやれれば最高だ

でも、監督にゴマを擦るのは筋が違う

大切なのは自分自身を見つめ直すこと

もしかしたら自分に原因があるかもしれない

自分自身を客観的に見て分析してみましょう

何か発見があるかもしれない

自分が監督の立場になってチームを分析してみるのも効果的

試合に勝つにはどういう選手がいいのか?

現在のチームにはどんな選手が足りないのか?

その答えに自分が努力してなってみるのも面白い

その結果、チームに欠かせない選手になるかもしれない

チェックポイント

素直な気持ちは野球選手にとって大切

自分のスタイルを貫くことも時には必要

要はバランスが1番大切

監督との付き合い方もバランスが大切

バランスの取り方は自分が決めること(自分が後悔しないように)

監督と合わなくても諦めない

時代は変化しても野球の魅力は変わらない

野球では、指導者とのトラブルはつきもの

そのトラブルが野球人生を変えてしまうこともある

自分が経験してきたことが、少しでも他の人の役に立てば嬉しい

1つだけ最後に言わせてほしい

「野球は嫌いにならないで」

この思いだけは伝えたい

1回でも野球を嫌いになったことを後悔している

監督と合わない辛い体験は決して無駄にはならない

社会に出た時に必ず役に立つ

今は辛い時間だが、長い目で見て乗り越えよう

そして、家族や友達など周りの力を借りて無理をしないようにすることが大切

諦めなければ道は開くってことですね!

ミモラ
ミモラ

自分も今の仕事では高校時代の不遇な環境が活きました。

いわゆる「雑草魂」ですね。

野球本来の楽しさを求めている方にはこちらの記事がおすすめ

このブログでは、野球歴30年以上で甲子園出場経験を持つミモラが少年野球の悩みや質問を受け付けています

技術的なことから精神的なことまで総合的に自分で答えられる範囲で対応させていただきます

身近に相談できる人がいない方は遠慮なくご活用ください

コメントをお待ちしています

本日もお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA